コラム

【バンドマンと付き合う方法を彼女さんに聞いてみた】第1回 CanCam系OL・Nちゃん

バンド好き女子だったら、一度は「憧れのバンドマンと付き合いたい」と淡い想いを抱いたことがあるはず。そんな恋する女子の背中を押すべく、実際にバンドマンと付き合っている彼女さんを直撃! どうやったら意中のバンドマンと知り合って恋人の座をゲットできるのか、マル秘テクを教えてもらったよ!

最初に登場するのは、イケメンギターロックバンドのフロントマンと付き合っている、Nちゃん(24歳・会社員)。CanCam風の甘めファッションで、ライブ現場にいたらちょっと浮きそうな雰囲気の彼女だけど……?

――まずは、Nちゃんがバンドマンと知り合ったきっかけを教えて!

きっかけは、イベントでたまたま音楽関係者にナンパされたことかな。そこから、バンドマンがいる飲み会や打ち上げに誘われるようになったの。

――じゃあ、もともとバンドマンを狙ってたってわけではない?

うん。ただ、友だちの輪を広げられたらいいなっていう軽いノリで飲みにいってた! でも、なぜか今までバンドマンとしか付き合ったことがないんだよね(笑)。ライブハウスや打ち上げに出入りするようになる前も、本当にたまたまバンドマンとばっかり付き合ってた。

――今の彼氏とは、どうやって知り合った?

知り合いに飲みに誘われて、行ったらそれがたまたま彼氏のバンドの打ち上げだったの(笑)。そこで彼氏に気に入られて、連絡先を交換して、初デートで即告白された。だから、付き合った時点ではまだ一度も彼のライブを見たことがなかったし、曲を聴いたこともなかったんだよね。バンドの名前は一応知ってたけど。

――そもそも、バンドの打ち上げに出るのも、ファンからすれば夢みたいな話だよね。どうやったら打ち上げに呼ばれるようになる?

バンドマン本人よりも、ライブハウスのスタッフとか関係者と仲良くなった方がいいかも。そしたら、中打ち(※ライブハウス内での打ち上げ)に誘われるようにもなるよ。

――Nちゃんって、あんまり見た目がロックバンドファンっぽくないよね。彼氏のバンドはサブカル風のファンが多いと思うんだけど、それとは真逆の系統じゃない?

私は意識してこういうファッションにしてるわけではないけど、お客さんっぽくない見た目だからか、初対面のバンドマンにもあんまり警戒されないような気がする。バンドのファンっていうより、「誰かの知り合い」って雰囲気なんだろうね。逆に、「お客さん」感が強い外見だと警戒されちゃうんじゃないかな。

――Nちゃんの知り合いでバンドマンと付き合ってる女子には、どんなタイプが多い?

界隈にもよるだろうけど、私の知り合いでは一般職の彼女が多いと思う。あとは、地元が一緒とかで、売れる前からずっと付き合ってるっていうパターンも多いね。

――そういう彼女たちって、普通のファンとどこが違うんだろう?

しいていえば、バンドマンにキャーキャー言うようなミーハーな子は少ないと思う。もしバンドマンと付き合いたくても、それをあんまり表には出さない方がいいし、追っかけとかもやらない方がいいと思うよ。

――下心なく仲良くなれたのが、Nちゃんがバンドマンと付き合えた秘訣?

それはあるかも! 最初に「めっちゃ好きなんです!」って感じで近づいてたら、警戒されて付き合えなかったかもしれないから。

――Nちゃんはかわいいし女子力も高そうだけど、やっぱり人気のあるバンドマンと付き合うには、ルックスも重要?

いやいや、私はマジで自分がブスだと思ってるよ! でも、自分に自信がないからこそ、服装やメイクをかわいくしようって思ってるし、「すっぴん・Tシャツ・髪ボサボサ」みたいな女子を見ると、「どうしてもっと努力しないんだろう? そんなんじゃ好きな人に近づけるわけないじゃん」って思っちゃう。好きなバンドマンがいるなら、かわいくなる努力をするべき。まあ、ライブハウスにいるようなナチュラル系女子からすれば、私みたいにガッツリメイクしてる女はウザったいのかもしれないけど……。

――それは、バンドマンに限らず恋愛全般に当てはまりそうだね……。ほかに、何かアドバイスはある?

最初はあんまりファンっぽくない控えめな感じで近づいた方がいいけど、知り合ってからは、自分から積極的に行動した方がいいと思う。っていうのも、バンドマンって意外とシャイな人が多いんだよね。私の彼氏もそういうタイプだから、初めて打ち上げで会った時は「イェーイ! 飲もうよ!」みたいな感じでめっちゃグイグイいったよ。相手がバンドマンだからって特別視せずに、対等な友だち感覚で仲良くなるのがいいんじゃないかな!

取材中は、「バンドマンと付き合えたのは偶然、本当にたまたま」と、ものすごく謙遜していたNちゃん。でも、人気バンドマンを射止めた裏には、かわいくなろうと地道に努力を重ねる日々があったんだな……と、めちゃくちゃ痛感させられました。バンドマンに恋する女子たちよ、今この瞬間から女磨きをがんばりまくれ!

 

第2回音楽会社勤務・Rちゃん

 

ライター: まにょ @manyotaso

この記事を読んで、ブキブキした数だけ連打してください。

3336ブキ!



インタビュー バンドマン まにょ 彼女

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認後に公開されます。