ニュース

恋する関係に名前って必要ですか?

結婚したいとか、恋人が欲しいとか、最近の大学生はすぐに言うけれど、私はどちらかというとそういった名前のある関係が嫌いだ。

好きな人と一緒にいるために「友達」という手段を取ってもいいし、好きだったら側にいればいいだけの話。そこに名前の変化なんて何か必要だったのだろうか。

こういう価値観を持っているのも、相手が「付き合っていた」と言い、私が「付き合っていなかった」と思う、互いが「恋していた」状態を経験して来たからかもしれない。

名前があっても無くてもきっと私は安心なんて出来ない。

ならば名前がない関係で君とは恋をし続けたい。

恋の先が愛に変わる瞬間が訪れるならば、その時は君と添い遂げたい。

恋人という契約も、結婚という契約も永遠の契りじゃないのだから、そんなの口約束や紙だけの話。

愛する事は簡単じゃない。

愛してるから触れられない事もあるし、愛してるから触れられる事もある。

肉欲だけ満たしたって愛じゃないし、身体なんて渡さなくたって満たされる愛だってある。

そんな風に愛なんて目に見えないし、言葉に出来ないものだと思う。

だから、言葉に出来ない関係のまま微睡んでいたい。

そんな恋じゃダメですかね?

 

あなたの恋の話、投稿してみませんか?

この記事を読んで、ブキブキした数だけ連打してください。

156ブキ!



恋人 結婚

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは承認後に公開されます。